CAFEVINO

_DSC0353-1-3 _DSC0357-1-2 _DSC0381-1-2 _DSC0403-1-2

NICARAGUA LA EMBAJADA, NICARAGUA CASA BLANCA / CAFEVINO


「コーヒーもワインのように作り手や土地が表現されるべき」

そんな思いから始まった cafevino(カフェヴィノ)は、
世界のコーヒー産地の作り手を訪ね、気候や文化を感じ、
そうして手にしたコーヒー豆を独自に焙煎・抽出。
ボトリングに至るまで、細心の注意が払われています。

まるでワインのようなボトルから注いで口にすると
繊細な香りと味わいに驚きます。

そのまま常温でも、冷やして飲むのも、
耐熱グラスに入れて電子レンジで温めて飲んでもおいしい、
新しい感覚でコーヒーを楽しめます。

エンバハーダ農園とカサブランカ農園の2種類。
味わいの違いを感じてみてください。


- - -


NICARAGUA LA EMBAJADA (エンバハーダ農園)

ラ・エンバハーダ農園には車で登れる限界と思えるような
未舗装の山道を1時間半程走らせなければ辿り着けません。
ですが農園主のセルヒオさんにはそんな何かと困難な場所に
コーヒー農園を開いた確固たる理由があります。
ラ・エンバハーダ農園はヌエヴァ・セゴヴィア地域のモソンテ地区に位置、
ニカラグア屈指の標高、特有の微小気候が素晴らしい味わいのコーヒーを作り出すからです。
口に含むと滑らかな舌触りにフローラルな印象、高い標高による昼夜の寒暖差がもたらす
豊かな酸が味わいに骨格を与え果実の余韻となり長く続いていきます。



NICARAGUA CASA BLANCA (カサブランカ農園)

中米・ニカラグアの最高品質コーヒーを生み出すヌエヴァ・セゴヴィア地域、
ディピルト地区に位置するカサブランカ農園、セルヒオさんのつくるコーヒー。
収穫後のコーヒーの実の果実を剥かずそのまま乾燥させる、
「ナチュラル」という中米においては特殊な生産処理方法により仕上げられたコーヒーです。
その生産処理方法は別名"ワイニー"とも呼ばれるように
ワインのように甘く香るボディ感が特徴的です。
品種はフルーツ感を豊かに感じさせる大粒のパカマラ種。
ナチュラルプロセスと相まって、余韻をより一層華やかに甘く印象的なものにしています。